【ネパール留学】2016年版トリブバン大学付属ビソバサキャンパスへの入学方法 完全版

ネパールでネパール語を学びたいという人、または長期滞在のために学生ビザを取得したいという人にお勧めの学校が、トリブバン大学付属のビソバサキャンパス

ビソバサキャンパスは、外国人がネパール語を学ぶだけではなく、ネパール人も日本語やイタリア語、ドイツ語など、他の国の言語を学ぶ場所でもあります。

これから、ネパールでこのキャンパスに通いたいという人のために、わかりやすく2016年版の入学手続きをまとめておきましたので、是非参考にしてみてください。また、入学の年によって、授業料や手続きの手順は変わる可能性がありますので、これを参考にしつつ、変更点などを確認しながら行なってください。

はじめに、このビソバサキャンパスの場所について。
このキャンパスはタメル地区から南東方向に歩いて20分ほどの場所にあります。
(場所詳細はこちらから→ビソバサキャンパス

次に、入学手続きの手順について。主な流れはこんな感じです。
①ビソバサキャンパスに大学申込用紙をもらいに行く
②入学申込用紙を記入する
③銀行の口座開設と入学金の支払い
④必要書類がそろったら、再びキャンパスへ!

手続きの手順は基本的には日本と変わらず、
書類をもらう→記入する→提出するだけのシンプルな流れです。しかし、必要書類を集めるのがとにかく面倒。

それではさっそく詳しく説明していきますね!

①ビソバサキャンパスに大学申込用紙をもらいに行く

申込用紙はキャンパスの4階の一番奥の部屋でもらえます。上の写真にあるこの茶色い建物の裏手に回り、裏の入り口からはいってください。

部屋に入ると下の写真の様にディディ(お姉さん)がいるので、入学したいと伝えてください。すると、簡単な入学手続きの手順を教えてくれます。僕が行ったときは忙しそうで、説明はしてくれませんでしたが、事前にてすかーらんさんの記事を読んでいたのでへっちゃらでした。(ビソバサ大学に留学し、ネパールの学生ビザを取得する方法 | ネパールてすかーらん

一通り説明を受けると、入学申込用紙支払用の銀行振込用紙をもらえます。
大学出てすぐ左にネパールバンクリミテッドの小さな支店がありますので、ここで申込用紙代500NPR払ってください。一応、場所詳細はこちら→Nepal Bank Limited支店

払い終わると下のレシートを渡されるので、これを持って再びディディのところに行きます。

ディディにこのレシートを渡すと、以下の三つの用紙をもらえます。

(左)入学申込用紙
(中央)銀行へのレター
※銀行口座開設をより簡単にできるものだとディディが言っていました。銀行の口座開設時に銀行員の方に「大学からのレターはないのか?」と聞かれると思います。
(右)入学金支払用のナビル銀行振込用紙(銀行控え・大学控え・生徒控えの三枚組)

これらをもらったら、今度来るときは以下の7つの書類を持ってきてねと言われます。
A:パスポート原本
B:パスポートの初めのページのコピー2枚
C:入学予定日前日まで有効な観光ビザのページのコピー2枚
D:パスポートサイズの顔写真3枚
E:入学申込用紙
F:銀行残高証明書のコピー2枚
G:入学金支払いの銀行レシート

また、このとき事務所のディディに観光ビザをいつまで取ればいいのか確認しておきましょう。何も聞かなくても、「この日までの観光ビザを取っておいてね!」と言われる時もあれば、ディデイも人間、言い忘れることもあるので念のため聞いておきましょう。

観光ビザ延長についてはこちらを参考にしてみてください。
【完全版】ネパール観光ビザの延長手続きの方法

A~Dは特に問題はないと思いますので、E,F,Gについて説明していきたいと思います。

②入学申込用紙を記入する(E)

入学申込用紙を開くと、このような感じになっています。

ここには必要な提出書類や、申込締め切り日などが書いていますね。右上には8月スタートのサマーコースの申し込み締め切りは5/31まで、2月からのウィンターコースは12/31までだ!右下には申し込みが遅れた時の追加料金が書いています(サマーコースの場合は6/1~15→50ドル、6/16~→100ドル。ウィンターコースの場合は1/1~15→50ドル、1/16~1/30→100ドル)※入学締め切りは毎年異なるので、事前に必ず確認しておきましょう!

ここに必要事項を記入します。切り取り線があるので、ここを切り取って提出します。

ちなみに、裏面はこんな感じです。

③銀行の口座開設と入学金の支払い(F,G)

大学でもらったレターを銀行に見せ、口座開設を行います。
銀行の口座開設については以前記事にしているのでこちらを参考にしてみてください。
ネパールで銀行口座開設をしました ~ナビルバンク編~

口座を開設しお金を預けたら、大学に提出する銀行残高証明書を発行してもらいましょう。半年の場合は1500ドル、一年の場合は3000ドルの残高が必要になります。
※その日預けたお金についてはシステムの関係上、証明書に反映されないそうなので、お金を預けた次の日に再度銀行に行き、残高証明書を発行してください。

入学金の支払いについては、半年通うなら500ドル、一年間なら800ドル支払います。この時の支払いはドルのみ、ルピーで支払うことはできませんので、事前にドルは準備しておきましょう!
ちなみに、入学申込用紙にも書いてあったように、申し込み時期が遅れると追加でお金を払わされるので、早めに大学に行き確認しておきましょう。僕は申し込む締め切りから3週間遅れだったので、100ドル追加で払わされました。
支払い金額については①の時点でディディがちゃんと教えてくれるので心配しないでください。

④必要書類がそろったら、再びキャンパスへ!

しつこいですが、もう一度必要書類を書いておきますね。
A:パスポート原本
B:パスポートの初めのページのコピー2枚
C:入学予定日前日まで有効な観光ビザのページのコピー2枚
D:パスポートサイズの顔写真3枚
E:入学申込用紙(記入済み)
F:銀行残高証明書(半年1500ドル、一年3000ドル)のコピー2枚
G:入学金支払いの銀行レシート(僕は大学控えと生徒控えの原本、二枚を提出しました)

銀行の残高証明書は古い日付のものだと受け付けてくれないので、前日か当日の最新のものを準備しておきましょう。

最後にいろいろサインをしたら、申し込みは完了!!

このとき、学生ビザの取得時に必要な「クラスの名簿表」はいつもらえるの?と必ず聞いておいてください。観光ビザが切れる前に必ず、イミグレーションで学生ビザの申請をしておく必要があります。学校の開始時期についてもきいておきましょう。

さいごに、、、
コピーについては、このようなPHOTOCOPYと看板のあるお店でできます。そこら中にあるので安心してください。ちなみに、シロクロ印刷は1枚5ルピーでしてくれます。

ネパールでの学校の入学手続きは非常に面倒でストレスがたまると思いますが、焦らずゆっくりとやってください!!
ネパール人に合わせることも時には大切なことだと思います。

では、頑張ってください!!

3 件のコメント

  • 大変参考になりました。
    ビソバサのコースは半年と1年、2017年夏~18年春、締め切り日と授業開始はいつでしょうか。文中に僕は申し込む締め切りから3週間遅れ~100ドル追加→授業スタート前ですか。(8月に到着して追加料金でなんとかなるのでしょうか。)
    今年は7月16日に選挙があるそうです。そして6月30日締めと7月16日締があるらしいのです、遅くなったらの区切りの日程でしょうか。。3日間休み取れれば現地へと考えています。どちらも現地で聞きに行った情報です。

    • 入学申込の締め切り日は毎年微妙に異なるので、今年の締切日や授業開始については学校に確認してみないとわかりません。
      去年の締め切りは5/30。6/1~15は追加で50ドル、6/16~は100ドル払うという感じでしたが、今年は違うと思います。

      今年の締め切り日については、僕の友達は6月末くらいと話していましたが、具体的には把握はしていません。。すみません。

      現地で聞いたのであれば、おそらく6/30,7/16というのが締め切りの区切りの日程だと思います。(僕の友達が言ってた6月末と同じですし)
      去年の僕の申し込みは授業スタート前でした。
      授業が始まってから途中で入学できるのか、についてもわからないです。難しそうな気がしますが…
      なにも答えられなくてすみません。。

      • ご多忙のところ返信ありがとうございます。(購入云々で未送信かと思っていました)。
        タメル地区の「ネパールクマリ」に寄らせてもらいます。
        観光ビザで入国し、それからできることをと考えています。Kazuko

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA