【ネパール観光】ブダニールカンタ寺院と坂の上のローカルレストランに行ってきた 写真15枚

今回はカトマンズから北へ約10kmのブダニールカンタ村に行ってきた様子を書いていきたいと思います。

地球の歩き方にもすこし載っている、まあまあ人気の観光地です。
タメル地区からはローカルバスでだいたい1時間くらいで着きます。運賃は30ルピーくらい。

バス乗り場のような場所で降りました。そこから、歩いて坂を上っていきます。

すると、左側に小さな広場が見えてくるので中に入っていきます。広場の中はオレンジ一色。

広場の中には四角い大きな池が、そしてその中央にはヴィシュヌ像が横たわっています。この像は7~8世紀に作られ、大きさはだいたい5mくらいなのだそう。

ここが入り口。靴が散らばっていますね。入る際には靴は脱がなければいけないようです。

僕も中に入ろうとすると、お兄さんに「きみは入っちゃいけない!!ヒンドゥー教徒だけしか入っちゃいけないんだぜ」と言われてしまいました。どうやら、入れるのはヒンドゥー教徒だけなようです。

その他、境内の様子はこんな感じ。

僕が訪れたのは平日のお昼頃だったので、人はあまりいませんでしたが、休日やティージ(女性の祭り)などの日には多くのネパール人がお祈りをしにここに来ます。下の写真はティージの日の様子。

ブダニールカンタ寺院自体はこんな感じでした。

あとあまり知られていませんが、ブダニールカンタ寺院を出て坂の方を上っていくと、少しだけ景色が良いローカルレストランがあるんです。(ずーーーと坂を上っていくと、突き当ると思います)

ベジトゥクパを食べてみました。80ルピー。かなり辛めの味付けでしたが僕は大好きな味でした。

足元には犬がくつろいでいます。

帰り道。坂をゆっくり下っていきます。

いや~景色がいいですね、癒される。。とても良い場所でした。ブダニールカンタ寺院に行ってみた際には、是非、坂の上のローカルレストランまで行ってみてくださいね~

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA