【裏事情】ネパール・タメル地区にあるマッサージ店の実態を調査しました

ネパールのタメル地区を歩いていると頭上に「MASSAGE」や「SPA」と書かれた看板をたくさん見かけます。

これらは一見するとただのマッサージ店に見えるかもしれませんが、ネット上や周りの話を聞くと、どうやらほぼ全てが置屋という話だそうです。ネパールでは風俗業が違法な国なため、警察を欺く為にマッサージの看板を掲げているそうです。
ネパール毛派政権、今度は風俗店に宣戦布告

そして、現在も本当に昔のように性的なサービスは存在するのか?真実を確認するため
今回、実際にタメル地区にある10店舗のマッサージ店に入り、実態を調査しました。

女性の方も是非このネパールの実態を知っていただけたらと思います。

まずはじめに結論から言いますね。10店舗中、8店舗が行っていました
衝撃でした。でも、実際そのくらい需要があるということです。

マッサージ店に入ってからの様子を説明していきたいと思います。

まずマッサージ店に入ると、受付のような一室に座らされます。
ほとんどのお店では、ここに約2~4人の女性が座って待機していました。(若い子が1~2人、30、40代くらいの女性が1~2人という組み合わせ)
年齢は20代前半から40代までが多かったです。中には17歳の女の子もいました。

多くのお店ではこのようにしっかりとした料金表がありました。

料金表を渡されると、この中からどのマッサージをしたいか聞かれます。
基本的には自分から性的なサービスを要求しない限り、普通のマッサージしかしないようですが、時々店側からも持ち掛けてきます。

僕の場合、オススメはなに?普通のサービスだけ?とはじめに聞きます。そこで、店側が性的なサービスを提案してくるかを確認しました。(この時点で「ジキジキ(性交)あるよ」と言ってきたお店が2店舗ありました)
その後、性的マッサージ有無を確認するため「性的サービスははある?」としっかりと質問し、確認しました。

そして、この料金表はあくまで見せかけのようで、「高いなぁ」と言うと、当たり前のように値下げしてくれました。ちなみに、今の時期(オフシーズン)は、多くのお店で全身マッサージが1時間・1000ルピー、性的サービス2000ルピーと言っていました。

マッサージの部屋も見せてもらいました。多くの店ではシーツには染みがついていて、誰が見ても洗濯なんてしていない様子です。お店の中は清潔という言葉は皆無な状態です。
(もちろん比較的きれいなお店もありました)

僕は入店後いろいろ話を聞いてから部屋を見せてもらい、「汚いからやっぱりやめます」と言って店から出ました。その時、あるお店では、店を出ようとすると女性はおもむろに僕にボディータッチをしてきました。そのときはちょっと怖くなって急いでお店からでました。

僕が店内で体験したのはだいたいこんな感じです。どうだったでしょう?

もし女性旅行者がマッサージを目的として何もわからず入ってきたら、これらのお店は普通のマッサージのサービスを行うと思います。しかし、そのベットのシーツは、誰かもわからない男性に対して性的なサ-ビスを行ったものかもしれません。

そのお店が性的なサービスを行っているか、いないかはお店の外見からは正直わかりません。
小汚いマッサージ店ならほぼ確実にあると思います。でも、綺麗めなマッサージ店でもないとは言い切れません。
なので、比較的きれいなマッサージ店でもやめといた方がいいとおもいます。

トレッキングをして疲れた体をほぐすために、マッサージを受けたいというときは、事前にガイドブックやネットの情報などを使って、健全なマッサージ店であるかを確認してから入店しましょう!

無名な怪しいマッサージ店では絶対にマッサージを受けないでください!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA