【2017年1月】ネパールの電力事情 現在計画停電が行われていない件について

停電大国ネパール。そんなネパールに革命的な出来事があったんです。
実はネパール、去年(2016年)の10月から現在まで計画停電が行われておらず、毎日ずっと電気が来てる状態が続いているんです。(時々システム上のトラブルで数十分ほど停電になったりしますが。。)

僕が以前、ネパールの計画停電について書いた記事。
ネパールの電力事情 不便な不便な計画停電

これを書いた6月には計画停電が毎日行われていました。以前の計画停電の時間はこんな感じ。すごいですよね。。この頃は本当に大変でした。まさか半年後にこんな記事を書くことになるとは想像もできませんでした。

ではなぜ、いきなりネパールで計画停電が撤廃され、毎日電気が来るようになったのでしょうか?
これは、ネパールの発電の規模を拡大したとかそういう話ではなく、ただ単に電力会社のトップが変わったからだそうです。昔から電気は足りていたネパール。でも、ネパールの電力会社はインドの大企業に裏で電気を売っていたのだそう。電力会社のトップが変わり、「それはいかんのじゃい!」ということで、今は電気がネパール国内にしっかり供給されているらしいんです。

計画停電がなくなったネパール、ものすごく快適な生活を送れるようになりました。本当に、本当に快適です。停電時のローソクの明かりが懐かしいですね。。

でも、気になるのが、この安定的な電力の供給がこの先も本当にずっと続くのか?ということ。僕は以前ネパール人の友達とこんな会話をしました。

僕「電気が安定的に来るようになれば、色んな企業がネパールにのりだしてくるんじゃない!?そうなればネパール国内でも仕事が増えるし、ネパールの急成長につながるんじゃない?」

友達「うーん。今は電気は来てるけどいつまた計画停電が始まるかはわからないよ。トップがいつ不慮の事故で亡くなるかわからないし、インドからの圧力に屈することも充分に考えられる。やっぱり、電気がこれからもずっと安定的に来ることの方が難しんじゃないかな。」

彼はそう言った後、部屋にあったバッテリーを指さしてこう言いました。
友達「これはインド製。もし停電がなくなったらインド企業の製造販売は大打撃。インドはぷんぷんだよ。だから、僕はずっと電気がくるなんて期待はしてないんだ。」

僕「・・・・」

正直、この先のネパールの電力事情については誰も分かりません。

気がついたら、また計画停電が始まってるかもしれませんし、もしかしたら5年後、10年後も電気が今のように安定的に供給されているかもしれません。ネパールとインドの上層部で行われている電力のやり取り、これは一般庶民がどうにかできるような問題ではありません。うーん、難しいですね。

またネパールの電力事情が変わったときに、随時記事でお知らせできたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA