タメル地区でSimカードと証明写真を作りました

ネパールで旅行する人、長期滞在する人にとって、一番と言っていいほど欠かせないものが携帯電話(スマホ)。
日本でも日常生活の中で肌身離さず持ち歩いている人は多いと思います。

ネパールでも常に携帯電話を持っていないと不安に感じるものです。

日本で契約した携帯電話をネパールでそのまま使うとなると、日本に帰ってから高額の請求がくる場合があり、そんなことを考えているとネパールで安心して携帯電話を使うことはできません。
ですので、現地でSIMカードを作ると不便なく安心して、旅行や生活を送ることができます。

さて、ネパールには民間最大手Ncellと国営NTCなどいくつか通信会社がありますが、これらのいずれかの会社1つと契約する必要があります。契約と言っても日本の様に面倒ではありませんので安心してください。

日本で使っているSimフリーのスマホを持っていれば、ネパールで購入したsimカードをさすことで、電話やインターネットなど自由に使うことができるようになります。(インターネットはプランに申し込んでいないとあっという間に残高がなくなっていくので注意が必要です)

お金はどうやって請求されるの?という質問をよく聞きますが、
ネパールの携帯電話は基本リチャージ式なので、お店でリチャージカードを購入して、携帯電話にチャージをする形となります。
例えば、100ルピーのリチャージカードを購入し、携帯にリチャージすれば、100ルピー分の電話&インターネットが使えるわけです。この残高がなくなったら、自動的に電話もインターネットも使えなくなります。
リチャージの方法はカードの裏にあるパスワードを携帯に打ち込むだけ、難しくありませんので安心してください。

さてさて、それでは早速そのSimカードの作り方を説明していきますね。

ネパールのトリブバン国際空港を出たところでもNcell、NTCのどちらもSimカードを作ることができますが、旅行者で混雑している場合が多いので、待つのはだるいなーという人は、タメル地区でもつくれますので、ちょっと高いですがそちらで作ってみてはいかがでしょうか?

タメル地区では、いたるところにこのような看板を見ることができます。

僕はここでSimカードを作りました。
ネパールで新しくSIMカードを作るときにはパスポート(コピーをとられます)、パスポートサイズの顔写真の2つが必要になります。忘れずに持っていきましょう。

店主に「Simカードを作りたい!」と言うと申込書を渡されます。
申込書には英語とネパール語の様式がありどちらかを選んで書きます。(かなり適当に書いても大丈夫です)申込書の最後に親指の指紋をとられたり、サインを何回か書かされますが、そんな面倒なことはありませんので安心してください。

申込書を書いて提出するとSimカードをくれ、このとき電話番号も親切に教えてくれます。
ここで注意してもらいたいのが渡されるSIMカードが標準サイズであること。(上写真の右に写っているのが標準サイズ、左のがナノSimサイズ)
マイクロSIM、ナノSIMを使用する必要がある場合は、店員にカットしてもらってください。手数料は50ルピーでした。
SIMカード自体の値段は200ルピーでしたので、全体で250ルピーかかりました。
(僕は空港でも作りましたが、その時のSIMカード自体の値段は150ルピーでした。空港の方が若干安いようです。)

そして、来たついでにパスポートサイズの証明写真も撮ってもらいました。
4枚で250ルピー、8枚で500ルピーでした。思ったより高かったです。。。

タメル地区で証明写真をとりたい、もしくはSimカード(Ncell)の作りたいという方は是非参考にしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA