ネパールで乳製品を食べるなら、タメル近くのDDC(Dairy Development Corporation)!

タメル地区の近くに、DDC(Dairy Development Corporation)と呼ばれる乳製品店があります。タメルから近い距離にあるわりには、外国人旅行者はほとんど利用しておらず、利用客のほとんどが地元のネパール人です。ここにはヨーグルトやチーズ、バター、アイスなど沢山の乳製品を販売しています。味はおいしく、価格もリーズナブルなので、地元のネパール人にとても人気のお店です。

お店の前にはちゃんとメニュー表があり、値段表記もあるので安心です。
そのメニュー表(ネパール語)がこちら!

ちゃんと英語表記のメニュー表もあるので安心してください!

いろんなサイズがあるのはうれしいですよね。
お店の中央にあるカウンターで、僕はスペシャルヨーグルト500mLとストロベリーラッシを頼みました。お金を払うとこのような紙を渡されます。

カウンター横の商品が陳列されているショーケースのところに行き、この紙をお店の人に渡し、商品を受け取ります。

これがストロベリーラッシー(50ルピー)。ヨーグルトもラッシーも美味しかったので、これからこのお店の常連になろうと思います。(笑)

また、お店にはクーラーのきいた飲食スペースもあるので、なにか飲みながらゆっくりすることもできます。ちょっと汚れていますが。。。

このお店はタメル地区の北側にあるラインチョール通りを渡ってすぐのところにあります。

お店の近くには道を遮った大きな木があるので、すぐにわかると思います。(笑)

このお店のヨーグルトはコクがあって絶品です!!タメルに来られた際は是非お店まで足を運んでみてくださいね!

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA