ネパールのお誕生日会の様子を見に行ってきました

タメル地区で仲の良い友達が、「今日の夜、娘のお誕生日会があるから祝いにきてよ」というのでお言葉に甘えて参加させてもらいました。

ネパールのお誕生日会、どのような様子なのか興味があったのでとても楽しみでした。

そして夕方。友達の家に着くと子供たちが庭で遊んでいました。

写真の左に写っているのが、12歳を向かえるサミシリカちゃん。中央でポーズを決めようとしているのが妹。かわいらしいドレスを着ているのが友達。

サミシリカちゃんはいつもより上機嫌でウキウキな様子です。そして、それ以上に嬉しそうなのが妹のサリナちゃん。なぜなら、今日はケーキが食べられるから。大声でモンキー!!(最近習った英語)と叫んだり、走ったり、ジャンプしたり、そこら中を暴れまわっていました。

そして夜を迎え、ケーキの開封。

みんなその様子をドキドキしながら静かに見守ります。


ろうそくに火をつけ、みんなでハッピーバースデーを歌います。


照れながらも、とてもうれしそう。僕もなぜかうれしくなりました。


そして、ケーキの切り分け。
はじめに、切り取ったケーキはお父さん、お母さん、そして妹のサリナの順に食べさせてあげます。そのあと、みんなで仲良く分けて食べました。(ちなみに、このケーキを20人近い人で食べました)


ケーキを食べ終わると、最後はチキンダルバード。
驚くほどおいしかったです。ほんとに。

家庭のダルバードはどこもおいしく、レストランとはまた違った何かがありますね。

そして誕生日会の終盤、今日誘ってもらった友達(30歳くらい)に昔の誕生日はどんな感じだったのと聞くと、
「僕の家では昔はなかったよ。それが当たり前だった。今は豪華にケーキを食べてお祝いをしている。昔僕ができなかったことは娘たちには何でもさせてあげたいんだ。」と話しました。

娘への強い愛情を感じました。

とても充実した1日になりました。

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA