ネパールの電圧とコンセント形状について

ネパールでは電圧が220Vと日本よりも高く、プラグの形状も日本とは異なるBタイプとCタイプが一般的に使われています。

そのため、ネパールで日本国内用の電化製品を使用する場合には電圧を下げるための変圧器とプラグの形状を変えるプラグアダプターが必要になります。(ただ、iPhoneなど携帯端末やパソコン、カメラの充電器などは、多くの国の電圧に対応していることが多く、変圧器が必要ないこともありますので、これらは事前に確認しておくことをオススメします。)

僕は日本で買ったBタイプとCタイプのプラグアダプターをたくさん持ってきました。

しかし、実際に現地で使ってみるとプラグとコンセントのサイズが微妙に異なるのか、プラグをコンセントに差しても手を離すと抜け落ちやすいです。
時間があれば現地でプラグアダプターを買ったほうが良いのかもしれませんね。。

ちなみに、僕のアパートのコンセントはこんな感じです。B、Cタイプだけでなく、B3とA(日本)タイプも差し込めるようになっています。

足元にもう一つあります。

これは、B、C、B3タイプが差し込めるようになっています。
多くの家庭ではこの型か、BとCのみの2穴タイプが使われています。
なので、基本的にネパールでは日本で使われているAタイプは使えないと考えたほうがいいです。

ネパールを訪れる際は、変圧器とBかCのプラグアダプターを忘れずに持ってきましょう!

この商品は一式そろっているので便利!

(写真一枚目の引用元:https://www.myrental.co.jp/plug.html)

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA