僕の住むネパールのアパートの部屋と家賃を公開

ネパールに長期滞在するにあたって、僕が一番心配していたのが住居のこと。
具体的に一か月どのくらい家賃がかかるのか?光熱費は?そもそもそれなりにきれいなのか?

せっかく大学に通うなら大学まで歩いて行ける距離にあるアパートがいいし、家賃も安いに越したことはない。

結局、僕は不安を抱えたまま日本を出国。
ネパールに到着し、以前友達になったネパール人の家にタダで泊めてもらうことになりました。

そして、ここから2週間もの長い、長い、地獄のアパート探しが始まりました。

友達伝えで、たくさんの物件を紹介してもらいましたが、それはどれも僕の希望に答えてくれるものではありませんでした。

・大学から離れた1Kのアパート、水回りに問題あり。トイレは共同。一か月4000ルピー
・大学から離れたワンルーム、トイレ共同。3000ルピー
・大学近くの3LDKの一軒家。一か月15000ルピー
・大学近くのゲストハウス、とにかく汚い。ゲストハウスは夜がうるさく最悪の環境。一か月9000ルピー
・友達の家、家賃はタダだが、お互い気を使うし長期間の滞在になると何らかのトラブルになるかもしれない

などなど、心が折れかけたその時、今の物件をみつけました。

・大学まあまあ近くのワンルーム。トイレ、洗面台、ホットシャワー、ベット、机、いす、棚、ファン、WiFiあり。キッチンはなし。とても清潔感のあるホテルの様な物件。僕はあまり料理をしないので、僕のすべての希望がそろった物件でした。

その気になるお部屋がこちら!

気になる家賃はというと、、

家賃が6800ルピー、電気代が60ルピー、ボトルの飲料水(20L)が50ルピー。一か月およそ7000ルピーで過ごせちゃうんです。

大家さんもとてもいい方で、困ったことがあればしっかり対応してくれています。

満喫したネパールライフを送るには住居は最も重要なポイントだと思います。
ストレスを感じにくく、落ち着いた空間を選べるか、選べないかでネパールの日々の生活は大きく変わってくると思いますので、アパートを決める際には、ゆっくり時間をかけて探しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA