中国東方航空でネパールへ 飛行機遅延…まずい機内食…

今回ネパールにはお金を節約したかったのと、たくさん荷物を持っていきたかったので中国東方航空を利用することにしました。

僕はスカイスキャナーを利用して、中国の昆明経由の航空券(東京→上海→昆明→カトマンズ)を往復4万円で購入しました。安く買えてよかったです。

【必見】ネパール行きの格安航空券を買う方法&安い時期を調べる方法

2017.06.30

今回は東京→上海、上海→昆明、昆明→カトマンズの機内食を紹介したいと思います。安い航空券なので文句なんか言えないのですが、ほんのちょっとだけ良いサービスを期待しちゃいますよね。

さて、どうなったのでしょう。

東京(成田空港)→上海の機内食

東京13:50発の予定だったのですが、悪天候による遅延が発生し、結局出発したのが16:30になりました。

次の19:35上海発、昆明行きの飛行機に乗れるか、乗れないかギリギリのところでした。

そんな不安の中、機内で出された食事がこちら!

チキンかフィッシュを選べたのですが、僕はフィッシュを選びました。

見た目は結構おいしそうなのですが、味はというと美味しくない…。。この中で一番美味しかったのはパンでした。半分以上残している人が多かったです。

上海に到着。しかし、トランジットが間に合わなくなったので新しい航空券を発行してもらうことに

悪天候で東京発の便が遅れ、上海には2時間半遅れで到着しました。中国東方航空は悪天候による遅延がよく発生すると聞いていたのですが、まさか自分の便で起こるとは。。

上海の空港に到着後、次の便に間に合わないことが確定したので、新しい航空券を発行してもらわなければいけません。

飛行機遅延を体験するのははじめてだったので、航空券を発行してもらう場所を探すのが結構大変でした。何の案内もなかったので、どこに行けばいいのかわからず、みんなふらふらしていました。

職員の人に聞いて、たどり着いたのがここでした。トランスファーゲート前。

ここは怒号の嵐でした。中国語でしゃべっていたので何を話していたのかわからなかったのですが、搭乗者も職員さんもめちゃくちゃ喧嘩してました。それを見て子供も泣き出す始末。

ようやく新しい航空券をゲットしました。ふぅ

ここでは対応していた職員はスマホをいじったり、他の職員と談笑しながらノロノロと仕事をしていて、並んでいる人みんなイライラしていました。

間違いなく職員の対応は悪かったです。

上海→昆明の機内食

上海発は19:35から翌朝07:40に変更になったので、夜は空港内のレストランで夜食を食べ、寝て過ごしました。

そしてようやく出発。

機内で出された食事がこちら!

おお、なんか中国っぽいですね。パンの横に写っているのはヨーグルト。右の三つはどれも結構美味しかったです。おの機内食、僕は結構好きでした。

昆明→カトマンズの機内食

ようやくカトマンズへ。

周りからはネパール語での話し声が聞こえてきて、少しずつテンションが上がってきました。

機内食がこちら!

ベジタブルかフィッシュを選べたのですが、今回もフィッシュを選びました。

パンの上に写っているのは豆のスナックと何かの漬物のようなものです。味はというと、、、まずすぎはしないけど、たぶん日本人なら残しちゃう。。まあまあ美味しくないです。

さいごに

中国東方航空の機内食は他の航空会社よりも質はずっと落ちるけど、個人的な感想としてはめちゃくちゃまずいというわけではないです。

今回は中国東方航空の悪いところばかりを書いてしまいましたが、なんといっても中国東方航空の魅力は航空券の安さと荷物を23キロ×2個預けられる点です。

結局他の航空会社を利用するよりも中国東方航空を利用した方が、僕にとってメリットが大きいので、これからも中国東方航空は利用し続ける予定です。機内食を期待するのは良くないですね。

今回は飛行機遅延があって大変ではあったのですが、どんなふうに対応すればいいのかわかったのでこれからは遅延があっても少し安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA