ネパールで物価調査をしてみました⑥  ~タメルの果物屋さん~




今回はカトマンズのタメル地区にある果物屋さんで物の値段を調べました。
※商品は場所、時期によって値段が異なるのでお気を付けください。(ちなみに1ネパールルピー(NPR) ≒1円)

また、このお店は主に旅行者に対して商売を行っているため、紹介する商品はツーリストプライスといえます。果物の購入は基本的には1kg単位で行います。

また、僕が果物の値段を聞いた時、店主は値段を言わずに袋に果物を入れ僕に買わそうとしてきましたので、少し注意が必要です。このお店は立地が良いことからお客さんの数も多く、夜遅くまで営業しており、かなり儲かってそうでした。

それでは早速紹介していきたいと思います。
まずはこちら。

マンゴー、160ルピー。このお店の果物の品質を確認したかったので購入しました。とてもおいしかった。


リンゴ(低品質)、250ルピー。高い。


リンゴ(高品質)、330ルピ^。低品質のものよりサイズは大きく、見た目もきれい。


パパイヤ、130ルピー。この値段は1kg当たりなので、1つ当たり300ルピー近くはしそうです。


ザクロ、350ルピー。右上に写っているバナナは一本当たり10ルピーと言っていました。


ヤシの実、一つ当たり120~150ルピー。


すいか、70ルピー。一つ当たり3~4kgだそうなので、だいたい250ルピー。


スイートレモン、170ルピー。

一枚目の写真に写っているお店の前にぶら下げてあるパイナップルは一つ150ルピー。飾りみたいなもので、食べてもおいしくないそうです(笑)

以上、このお店で売っていたすべての果物を紹介しました。
予想通りでしたが、やっぱり全体的に高いですね。。

このお店から歩いて10分くらいのバザールではもっと安い値段で果物を買えます。ただ品質については、旅行者に売るだけのことがあり、このお店の方が断然良いように感じました。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA