はじめて日本のネパール料理屋さんに行ってきました

ネパールではほぼ毎日ネパール料理を食べていたのですが、日本に戻ってからはさっぱり食べていませんでした。でも、最近家の近くに新しくネパール料理屋さんができ、気になったので入ってみることにしました。

お店に入ると、そこにはネパールっぽさは・・・・ほとんどない!(笑)

奥の厨房近くには、申し訳程度にヒマラヤのパノラマ写真がポツンと置かれいて、店内にはネパール音楽が軽ーく(微音で)流れていました。

さてさて、席についてメニュー表を見てみましょう。

80種類近くの料理がある…!肉野菜炒め定食とか、ピザとか、タイ焼きそばとか、あまり聞きなれないものまで。。

これは…完全に多国籍レストラン…。てか、代表的なネパール料理のダルバートがない!!店員さんとコックさんはみんなネパール人なのに、どこでこんな料理を習ったんだろう。。

そんなことを考えながら結局僕が選んだのは、9番のチーズナンセットと48番のサモサでした。そして20~30分後、料理を持ってきてくれました。

チーズナンセットと、

サモサ

見た目は美味しそう!

味はというと、、、どちらも美味しい!もっと日本人向けにアレンジを加えているのかと思いきや、辛さもまあまあ辛くて、本場ネパールの味にかなり近かったなという印象を持ちました。なので個人的にはまた来たいと思えるお店でした。

そして、お会計「アリガトゴザイマシタ!マタキテクダサイネ」

ホールをずっと走り回っていたこの方は日本に来てちょうど1年が経ったのだそう。日本語はあまり話せませんでしたが、一生懸命に接客をしていました。

ネパールから何千キロも離れたこの超ド田舎な場所にネパール人が来るなんて…なんだか不思議ですね。でもいま日本にはこの方のように、故郷の家族のために一生懸命頑張っているネパール人がたくさんいるんですよね。

すごく応援したくなります。頑張ってほしい…!

そして、少しだけネパールが近くの国のように感じられて嬉しい気持ちもあります。あんなに遠くにあるネパールが今日は近くに感じられました。何だか不思議な一日でした~

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA