【注意喚起】大使館からのお知らせ 夜行バスの重大事故発生に伴う注意喚起




大使館から注意喚起メールが届きましたので転載します。

●大型バスが川に転落し、少なくとも31名が亡くなる大事故が発生。
●ネパールでの交通手段は、安易に値段だけで決めず、天候、季節、道路運行状況、風評等を考慮して慎重に選んで移動してください。

在ネパール大使館の注意喚起(安全情報17−30) 10月30日

夜行バスの重大事故発生に伴う注意喚起

ネパール在留邦人の皆様及び旅行者の皆様へ

在ネパール日本国大使館

(内容)

1.10月28日早朝6時頃、ネパール首都カトマンズの西約60キロのダディン郡での幹線道路プレティビーハイウェイにて、サプタリ郡からナランガード・ムグリン道路を通ってカトマンズに向かっていた50名以上を乗せていた大型バスがトリスリ川(Trishuli River)に転落し、少なくとも31名が死亡、16名が負傷する大事故が発生しました。現在までのところ日本人被害の情報は入っていません。

2.ネパールでは、天候、季節、各種イベントによって交通障害が起こりやすく、予定通りに運行できないことが頻繁に起こります。ドライバーはこれらで起こった遅延を取り戻すべく、過度にスピードを出したり、無理な運行状況下でも走行したりしたりするので、このような大事故が度々発生しております。交通手段選択時は、安易に値段だけで決定せず、天候、季節、道路運行状況、風評、各種イベントの実施状況などを考慮して慎重に選んで移動してください。

※ この情報は,お知り合いや旅行者等にもお知らせください。
※ 在留邦人で在留届を提出されていない方がおられましたら,大使館へ在留届を提出するようおすすめ願います。
※ 近く帰国・離任を予定されている方,または既に帰国されている方は速やかに大使館までご連絡下さい。
※ このメールの配信を希望されない方は,大使館までご連絡下さい。
大使館代表電話 4426680
※ 閉館時(休館日や夜間など)には、上記電話から緊急電話対応者に転送されます。

「交通手段選択時は、安易に値段だけで決定せず、天候、季節、道路運行状況、風評、各種イベントの実施状況などを考慮して慎重に選んで移動してください。」本当に大切です。

日本でもニュースになっていますね。

ネパールで定員超過のバスが川に転落、31人死亡 飲酒運転か

僕はポカラ―カトマンズ間をよくツーリストバスやローカルバスで移動するのですが、道中ほぼ毎回事故現場を見かけます。バイクと軽自動車の接触事故で血まみれになった人、正面がつぶれたトラック、横転したトラック。本当によく見かけます。

ポカラ→カトマンズ間の夜間のローカルバスに一度乗ったことがあるのですが、僕はもう二度と乗りたくないと感じました。理由は乗客がお酒を飲んでいて、運転手にも勧めていた・爆音の音楽が流れていて寝ることができなかった・運転手がとにかく飛ばす、しかも視界の悪い道でもさらに加速して追い越す(カーチェイスです)。ヒヤリハット100回くらいあったと思います

何で事故らないんだろ。。と不思議な気分になりました。僕が乗ったバスの運転手は乗客からのお酒を頑なに拒んでいましたが、もし意志の弱い人なら飲んでしまうかもしれません。。そうなったら事故のリスクは一気に高くなります。

夜間のバスは絶対に・絶対に・絶対に乗らない方が良いですよ…!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA